フロントフォークから下玉押しが外せない

ルイガノTR-1から旧リジッドフォークを外して新しい29er用のリジッドフォークに代えようとしたのですが、旧フォークに圧入してあるクラウンレースが外せない・・・・

クラウンレースを外す専用器具は持っていないので、カッターの刃を差し込んでクラウンレースを外そうと思っていたのだが、カッターの刃を差し込める隙間が全くない。
刃の背をトンカチで叩いて無理矢理差し込もうとしたんですが、刃を差し込むどころか刃が折れてしまって全くだめです。
これでは専用器具を使っても、おそらく器具の刃も入れられないでしょう。

どうやらクラウンレースを圧入したときに、思いっきり強く圧入してしまったせいでクラウンレースの底部分とフォーククラウンの先端部分が密着してしまい、完全に固着してしまったようです。

ヘッドパーツはM Partとかいう安物で確か1000円くらいでCRCから購入したものだったので、クラウンレースだけ新たに取り寄せることも無理みたい。

ということで、ヘッドパーツごと交換することにします。

新しいヘッドパーツは、 Ritcheyの一番安いのをwiggleで注文しました。wiggleはちょうど送料無料キャンペーンをやっているので、よけいな出費を抑えられて助かりました。

ヘッドパーツが届くまでフロントフォーク交換作業は中断です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック